経験者からオーストラリアワーキングホリデーの実体験・アドバイスを聞いてみた

先日、オーストラリアでのワーキングホリデーの体験談を教えてくれたゆいさん
ワーキングホリデーの経験から、海外に在住しバリバリ英語を使ってお仕事されています。

そんなゆいさんへ、オーストラリアでのワーキングホリデーについて詳しくインタビューしてみました!!

インタビューしてわかった注意したいポイントや、アドバイスなどをご紹介していきます。

  • これからワーキングホリデーに行こうか悩んでいる方
  • どこへワーキングホリデーに行こうか悩んでいる方
  • 英語で何かチャレンジしたいと思っている方

そんな方に是非読んで欲しいです!!

出発前の不安を解消Q&A

エージェント利用する?

留学やワーキングホリデーに行くと決めたら、多くの方がエージェントを利用して出発準備をするかと思います。

ゆいさんは、エージェントを利用ましたか?
またどのくらい費用がかかりましたか?

ゆいさん
はい、利用しました。

エージェント無しで自分でVisaを取る人も居るみたいですが、Visaの申請は英語でしないといけないし、向こうでの学校探し・住まい探しも自分でやることになるから、英語に相当自信がある人以外は無料でもなんでもエージェントを使うのが安心だと思います。

私が実際にワーホリに行った時に使ったエージェントはだいたい30万円位で、これだけオプションがついてきました。

  1. Visaの手配
  2. 語学学校斡旋
  3. 語学学校費用(1か月)
  4. ホームステイ先選び(1か月/3食付き)
  5. オーストラリアまでの片道航空券半額
  6. 渡豪までの週1英会話レッスン
  7. 渡豪後のケア

英会話レッスンも付いていたんですね。

エージェントによっては無料の英会話が付いていない場合もありますが、絶対付いていた方が良いと思いますか?

ゆいさん
無料の場合、レッスンの質や時間など満足のいくものになるとは限らないので、無料レッスンは付いていなくても問題ないと思います。

でも、少しでも英語力は上達してから行くのが大事なのでエージェント探しはポイントを絞って、費用と相談して決めるのが良いと思います。

英語圏で生活することになるので、友達作りも仕事探しでもなんでも、やっぱり持ってる英語力によっては行ってからの生活に大きな差がでる事間違いないですね。

都市選びは?

オーストラリアは

  • 一番都会と言われているシドニー(有名なオペラハウスがあるところ)
  • シドニーの次に都会でヨーロッパみたいな街並みのメルボルン
  • グレートバリアリーフがあるケアンズ
  • サーファーに人気のゴールドコースト

など他にも主要な都市がいくつかあって、期間中に色々移り住んでる日本人も多いそうですね。

ゆいさんは、どこの都市で働いていたんですか?移動しました?

ゆいさん
私の場合は、仕事も遊ぶのも東京の生活に慣れていて田舎に住むのは考えられなかったので(笑)地域に馴染んだ生活がしたかったから移動はせず、期間中はずっとシドニーに居ました。

確かに、各地域ごとの文化や生活をしっかり体験・感じるには一つの場所で生活するのが良いかもしれませんね。

やはりゆいさんはシドニーがオススメですか?他の都市はどうなんでしょうか?

ゆいさん
んー、そうですね…シドニーに限らずオーストラリアはオススメです。

一番都会と言われているシドニーでも、都心部からバスで行ける範囲に綺麗なビーチが沢山あって、都会疲れとは無縁の国!

別に移住しなくても旅行で色々回ってみるのもありだし、日本とは全然違う動物やが沢山居て、雄大で綺麗な自然の景色が広がっていて最高です。

何よりせかせかしがちな日本と違って、オージー(オーストラリア人のこと)達は小さなことは気にしない、明るくおおらかな人が多いから、どこの街でも比較的のんびり過ごせるはず。

もともと一つの都市にずっと居るつもりで来てても途中で違う都市に移動する人も多いし、最初はインスピレーションとか、学校で決めたりとかで全然問題ない思います。

Visaについて

ワーキングホリデーVisaは原則1年で、Visaを再度取得することは出来ないですよね。

ゆいさんは1年で日本に戻られたんですか?

ゆいさん
はい、私は1年でオーストラリアを離れています。

でも一時期同居していた友人は、セカンドワーキングホリデーというシステムを利用して、1年以上オーストラリアにいましたよ。

恥ずかしながら、ゆいさんに教えていただいてから調べたんです…
オーストラリアでのワーキングホリデーの特徴でもあるんですよね?

ゆいさん
そうなんです。

政府指定地域にて最低3か月(88日間)以上の季節労働をすればVisaを2年延長でき、トータル3年居られるシステムがオーストラリアにはあるんです!
当時は2年までだったんですが、2019年7月から3年に延長されました。

正直1年ってものすごいあっという間だから、これはありがたいシステムだと思います。

季節労働とは、どのような仕事をしたんでしょうか?

ゆいさん
実は、この季節労働というのが大変だったみたいです。

何もない田舎のファームで

  • フルーツのピッキング
  • プランティングという種や苗木を植える作業
  • カッティング・メンテナンスというシーズンが終わった果樹を手入れ
  • シーズン前に農場のメンテナンス

など色々やったそうです。

日差しの下で働くから日焼けするし
(オーストラリアは日差しがもの凄く強い)
虫がすごい出るし
(オーストラリアは自然が多くて都心部でも虫が多い)

遊ぶところもなんにもない田舎で数か月ひたすら畑仕事とか、正直私なら耐えられない内容でした(笑)

それはかなり大変そうですね…

ご友人は最後まで頑張れたんですね。

ゆいさん
そうなんです。すごいですよね(笑)

  • 一生モノの経験になった
  • 日本語を話せる人が居なくて英語がめちゃくちゃ上達した
  • 何より日本に居たら得られないプライスレスな経験と、不屈の根性が身に着いた
  • これで終わったら晴れてオーストラリアに居られる権利が得られるなら全然大丈夫

なんて話ていました。

全員にオススメというよりは、渡豪してみて気に入った人はトライしてみるのもありだと思います。

貯金ってどのくらい必要?

誰もが不安に思うお金問題…

ゆいさんはどのくらい貯金しました?
どのくらいを目安に貯めたら良いんでしょうか?

ゆいさん
実は私、初期費用で払った分を除くと、30万しか残らなくて…

でも、そのまま旅立ったんです。

  • 語学学校も半年通学とか1年通学予定
  • 周辺の国(ニュージーランドとかフィジーとか)やオーストラリア国内を旅行したい

など、人によって必要な貯金額は幅があると思います。

語学学校でできた友人は、頑張って200万円貯めてから来た、という人もいました。

人によって本当に全然違うんですね…

ゆいさんは30万円で足りたんですか?

ゆいさん
いえ、足りていません(笑)物価は全然安くはないので。

1か月の語学学校が終わってすぐ日本食レストランでアルバイトをしました。

ワーキングホリデーって別に働いてもいいし、学校に行ってもいいし、なんなら何もしなくても良いVISAなので

  • 向こうでは英語の勉強に集中したい!
  • せっかく貴重な時間だから働きたくない!

という人はお金は沢山貯めていった方が良いですね。

アルバイトってすぐ見つかりました?

ゆいさん
そうですね。

オーストラリアでは日本食が大人気!(というか世界中でかな?)英語が話せなくても日本食レストランは求人募集で溢れてて仕事は何かしらあります。

ただし、オーストラリアの最低賃金を守って払ってくれない違法雇用なので…
そこはある程度覚悟して働くしかないと思います。
ただ、その分(?)まかないがついてるから食費がすごい浮きました!これがかなりありがたかったです。

正直、貯金ほぼゼロで行ってもいくらでもなんとかなります。

賃金支払いの問題もあるんですね…

アルバイト以外に仕事はされましたか?

ゆいさん
私の場合ラッキーなことに、滞在半年未満で旅行会社のコールセンター(向こうの会社)のフルタイムの仕事に就く事ができました!フルタイムなので、もちろん賃金問題はクリアです(笑)

週5働いて、当時で月$4,000(今の日本円だと約30万円くらい)稼いでました。

日本からのInboundのコールセンターだったので、お客さんとの会話は日本語でしたが、世界中のホテルに電話したりで英語の勉強になりました。

何よりオーストラリアの会社ってことで社風が日本人からすると信じられないくらいゆるゆるなんです(笑)金曜日の午後は毎週ビールが配られて(しかも無料!)みんな飲みながら仕事してましたよ(笑)

所持金30万で渡豪した私でしたが、帰国の時にはなんと100万を軽く超える貯金ができました。

最短で留学を目指すなら、リゾートバイト!オススメの派遣会社

英語を上達させるには?

オーストラリアは、制限なく1年中日本からのワーキングホリデーを受け入れいて、日本人がもの凄く多いそう。

体験談の記事でもおっしゃってましたが、日本人のいない・日本語を使わない環境作りをされていたんですよね?

ゆいさん
そうですね。

田舎に行けば日本人の居ない環境を作ることは簡単だけど、都市部に居たら日本人が沢山います。良く言えば心強いけど、これ英語学習には最大の障害になるんです。

実際、英語が全然話せない状態で来て、外国人と交流できず日本人でいつもつるんでる人、凄く多い。

語学学校も日本人の少ない所を選ばないと、クラスの半分は日本人とか普通です。そもそも、最初のレベルが低ければ低いほど下のクラスに分けられるので、さらにその可能性は高くなります。

で、日本人同士で週末も学校終わりもつるんで、学校がなくなったら日本食レストランで日本人と働いて、ワーホリ終了の1年後、全然英語が上達できてない!みたいなパターンもありえます。

それでも英語圏なので1年頑張って最後まで住めば、リスニングはそれなりに上達は見込めると思いますが…

もっとひどい人は、せっかく海外に来ているのにいつも日本語環境で、「何をしに来たのか分からない」ってなって途中で帰る人も結構多いですよ。

なるほど。だからゆいさんは自分で厳しい環境を作ったんですね。

では、環境作りの他に何かアドバイスはありますか?

ゆいさん
目的意識を持っておくことはとても大事だと思います!

英語は正直2の次で、とにかくいろんな土地を見て回りたい!とかそれならそれでいいです。
色んなビーチでサーフィンしたい!とかそれも大事な目的になると思います。

でもせっかく30歳までの貴重な時間を1年とか使って、お金も使って(特にこの位の年齢の数十万て大きい!)行くのですから。
何かしら達成したり、得るものがある方が良いに決まってます。

英語が話せる人が増えてきているとはいえ、やっぱり英語ができる人の需要は高いし(特に日系企業)TOEICとか受けておくのも帰国後の就職に役立つからそこは抑えておいた方が良いと思います。

実際に私は英語ができるという理由で帰国後大手企業に就職できたし、若いうちに海外の文化や異なるバックグランドを持つ人たちとリアルに交流ができたのはものすごく大きなメリットになりました。

まずは相談!

ゆいさんのお話を聞いて、オーストラリアへのワーキングホリデーに興味をもった方は多いのではないでしょうか?

これからチャレンジしてみたい!と思った方はまず、エージェントに相談してみましょう!
でもエージェントもたくさんあるので、迷いますよね^^;

調べてみると、オーストラリア専門のエージェントを見つけたのでご紹介しますね♪

相談料・申し込み手数料無料エージェント【YAC】

無料で以下のサポートが受けられます!

ビザ申請サポート 目的にあったビザのアドバイスや申請方法をサポート
滞在サポート 滞在先(ホームステイ先や学生ハウス)の手配・空港送迎の手配
航空券サポート ビザにあった航空券のアドレス・予約手続き代行
海外旅行保険サポート 目的に合った保険プランのアドレス・証券発行手続き
銀行口座開設サポート 現地銀行口座の開設の代行・バンクカードの手配
携帯電話サポート 現地の携帯電話を紹介・故障時の現地オフィスでのサポート
プレ入学判定テスト 進学や希望するコースに必要な英語力があるかテスト
出発前サポート 電話、メール、対面でのカウンセリング
留学中サポート 電話、メールでのカウンセリング・学校関係でのトラブル仲介

▶資料請求はこちらから

留学もワーキングホリデーもグローバルダイブでお得に夢へ踏み出そう!

sponsored link

まとめ

  • ワーキングホリデーもエージェント利用がオススメ
  • オーストラリアなら初期費用以外、貯金0円でも行ける
  • 必要貯蓄額は人によって異なる
  • 目的をもって行こう!
  • オーストラリア専門のエージェントYACに相談してみる
sponsored links

いいね!してね♪ Give it a thumbs up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA