英語の勉強は音楽に乗せて!初心者の方でも聴きやすいオススメの洋楽10選

英語の勉強は音楽に乗せて!初心者の方でも聴きやすいオススメの洋楽10選

ユッコ
・いろいろな英語の教材を試してみたけど、どれも長続きしない。
・どうせ勉強するなら楽しく勉強したい。

こんな風に思ってる方、いませんか?

英語の勉強を始めたはいいものの、長続きしなければ身につけることが出来ませんよね。

音楽 を使った勉強なら楽しく飽きずに英語の勉強をすることが可能です!

そこで今回は、英語の勉強にオススメの洋楽10選をご紹介します!

洋楽が英語の勉強にオススメな理由

①楽しんで勉強できる

洋楽で英語を勉強にオススメな最大の理由は楽しんで勉強できるところです。英語に苦手意識がある方でも、音楽なら参考書や単語帳に比べて手に取りやすい教材になるはずです。自分のお気に入りのアーティストを見つけて英語のモチベーションをどんどん上げていきましょう!

②歌いながらアウトプットできる

教科書を使った勉強などとは違って、歌うだけでアウトプットできるのは音楽ならではのメリットです。アーティストが発音のお手本にもなるので、シャドーイングの代わりにもなります。歌うのが好きな方にもとてもオススメな勉強法のひとつです。

③反復学習が苦にならない

勉強では「復習が大事」というのはよく耳にする言葉だと思いますが、いざ実践しようと思うと億劫になりがちですよね。ですが、音楽なら繰り返しの反復練習が苦痛に感じづらいはず!ひとつの曲を聞けば聞くほど歌詞やフレーズも頭に入ってくるのでオススメです。

英語の勉強にオススメの洋楽10選

70年代の大ヒット曲から2020年現在までの幅広いアーティストの曲をまとめてみました。

(英語の勉強にオススメと言えども筆者の好みも含まれているので、悪しからず…笑)

単に歌詞が勉強向き!という理由だけでなく皆さんのお気に入りの一曲が見つかるきっかけになればと、まだ日本では知られていない海外では大人気の名曲を選曲してみました!

The Beatles – Let It Be

世界的に有名なイギリスのバンド、ザ・ビートルズの代表曲でもあります。
Let It Be」は「あるがままに」という意味で、身の回りで起こっている出来事や自分自身をあるがままに受け入れることで、答えは自然と見つかってくるというメッセージが込められています。

And when the night is cloudy
(曇った夜空にも)
There is still a light that shines on me
(僕を照らしてくれる明かりはある)
Shine on until tomorrow
(そして夜が明けるまで照らしてくれるんだ)
Let it be
(今はただ身をゆだねよう)

(Studio Webli)

全体的にゆったりとした曲調で、単語がシンプルなので英語初心者の方でも挑戦しやすい曲です。
とても有名な曲なので、カラオケで歌っても盛り上がるはずです!

The Carpenters – Top Of The World

「あなたがいるだけで、私は世界のてっぺんから辺りを見渡している気分になれる」というロマンチックなラブソングです。

ボーカルのカレン・カーペンターズは発音がクリアで綺麗なので初心者の方でも聞き取りやすいはずです。「I won’t be surprized if it’s a dream(もしこれが夢でも私は驚かないわ」など、中学英語で使われるような簡単な英語を使った言い回しやフレーズが多いのでとてもオススメです。

There is only one wish on my mind
(ひとつだけお願いがあるわ)
When this day is through I hope that I will find
(今日が過ぎ去った時、願わくば)
That tomorrow will be just the same for you and me
(あなたと私にとって明日が今日と同じ日でありますようにって)

(Studio Webli)

Mr. Big – To Be With You

アメリカのロックバンド、ミスター・ビッグの2ndアルバムに収録されています。
この曲はボーカルのエリック・マーティンが高校時代に恋した女友達のことを歌った曲です。

ロックバンドと言ってもこの曲はしっとりとしたバラードで、難しい表現も出てきません。「Just to be the next to be with you(ただ君の隣に居たいんだ)」という真っ直ぐな恋心をぶつけた歌詞は心に響きま

I’m the one who wants to be with you
(君と一緒にいたいと望んでいるのは俺なんだ)
Deep inside I hope you’ll feel it too
(心から君もそう感じてほしい)

(オンガクガトマラナイ)

Daniel Powter – Bad Day

カナダ出身のアーティスト、ダニエル・パウターの自身最大のヒット曲です。日本でも聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。落ち込んだ時に「今日がツイてないだけ。」と励ましてくれる前向きな曲です。

Well you need a blue sky holiday
(そう青空の休日が必要だよね)
The point is they laugh at what you say
(みんなが君の話を聞いて笑うんだ)
And I don’t need no carryin’ on
(がんばる必要なんてないんだ)

(洋楽caffe)

歌詞の中にも使える表現がたくさんあって、速すぎず丁度いいテンポ感なので歌えるようになればとても気持ちいいはずです!

Ed Sheeran – Thinking Out Loud

イギリス出身のエド・シーランが2014年にリリースした曲です。恋をしている全ての人に聞いてもらいたい、そんなロマンチックなラブソングです。

When your legs don’t work like they used to before
(君の足が若い時みたく上手に動かなくなった時)
And I can’t sweep you off your feet
(僕も君を抱えてあげられなくなっていて)
Will your mouth still remember the taste of my love
(それでも君の唇は僕の愛の味を覚えているかな?)

(Studio Webli)

エド・シーランのイギリス英語はとてもクリアな発音で聞き取りやすく、何より声が素敵なので聴いていて心地よいですね。彼の曲はどれも心に響く名曲ばかりなので他の曲も是非チェックしてみてください。

Anne-Marie – Perfect to Me

こちらもイギリスを代表するシンガーの1人、アン・マリーが2018年にリリースした曲です。
「スーパーモデルのように完璧である必要はなくて、自分が自分らしくいることが私にとっての完璧」と等身大の彼女自身を歌った一曲。

Do what I wanna
(自分がしたいことをして)
Love every single part of my body
(私の身体のどの部分も好き)
Top to the bottom
(頭からつま先まで)
I’m not a supermodel from a magazine
(私は雑誌のスーパーモデルじゃないし)
I’m okay with not being perfect
(完璧じゃなくても全然いいの)

(Juri’s YOLO English)

洋楽では、こう言った気持ちをストレートに言葉に乗せて歌う所がいいですよね。スローテンポで優しい曲調シンプルな単語が多いので歌やすいのではないでしょうか。

DEAR EVAN HANSEN Original Broadway Cast – You Will Be Found

この曲はアメリカのブロードウェイミュージカル「ディア・エヴァン・ハンセン」の挿入歌で、この作品は2017年度第71回トニー賞で6部門も受賞し、大絶賛されました。心にストレートに響く、勇気や希望を与えてくれる曲です。

Well, let that lonely feeling wash away
(そう、孤独を無くすんだ)
Maybe there’s a reason to believe you’ll be okay
(生まれてきた理由はあるよ)
Cause when you don’t feel strong enough to stand
(一人で立てなくても)
You can reach, reach out your hand
(その手握るよ)

(ブロードウェイ・ミュージカル日本語訳詞置き場)

ミュージカルの曲なのでスラングもなく、聞き取りやすいアメリカ英語です。曲中に会話のような場面も出てくるので聞き取れるかチャレンジしてみてくださいね。

Bebe Rexha ft. Florida Georgia Line – Meant to Be

この曲ではアメリカ出身のシンガー、ビービー・レクサとカントリーデュオ、フロリダ・ジョージア・ラインがタッグを組んでいます。恋に傷ついて疲れてしまった女性と出会った運転する男性たち。 行き先は決めずに、ゆっくりなすがままに進もうよ。と言った曲です。

We got nothing but time
(俺達には何もないけど時間ならある)
As long as you’re right here next to me
(君が俺の隣にいてくれる限り)
everything’s gonna be alright
(全ては上手くいくさ)

(HEARTDROPS)

やさしいカントリー調のメロディーラインがとても心地いい曲です。ゆったりとしているので歌いやすく恋愛に疲れてしまった…と言った方にも響くのではないでしょうか。

Marshmello ft. Bastille – Happier

この曲は2018年にリリースされたマシュメロとイギリスのバンド・バスティルによるコラボ曲です。好きな人には幸せでいて欲しいという想いを切なく歌った歌詞になっています。

Know that means I’ll have to leave
(僕は去らなきゃいけないと分かっていながら)
Lately,I’ve been,I’ve been thinking
(最近ずっと考えてるんだ)
I want you ti be happier,I want you to be happier
(君には幸せになってほしいって、もっともっと)

(リリカタ)

これは洋楽には素敵な曲がたくさんある!!ということを伝えたくて選んだ曲です!
なかなかスピードが早く、上級者の方でないと歌詞が追いつかないかもしれませんが、DJマシュメロならではのノリの良いリズムが魅力的な曲です。

Lauv – Changes

アメリカ出身のシンガーソングライターのラウヴの曲です。
この曲は “変化” をテーマにしていて、自分を変えたい方何か新しいことにチャレンジしようと思ってる方にオススメです。

But it’s all gonna work out, it’s all gonna work out someday
(でも全部うまくいく、いつかうまくいくんだ)
Moments, livin’ with your eyes half-open
(目が半分開いている瞬間) 
You’ve been thinking ’bout these changes
(変わらなきゃって思っていたんだよ)
It’s all gonna work out, it’s all gonna work out someday
(でも全部うまくいく、いつかうまくいくんだ)

(歌詞ペディア)

スローテンポなので英語がとても聞き取りやすく、MVの字幕機能には英語と日本語もついているので歌詞を確認することもできますよ。

sponsored link

まとめ

いかがだったでしょうか?

英語の勉強のために洋楽を聞くことももちろんですが、自分の好きなアーティストや曲を楽しんで、音楽とともに英語を好きになれることが洋楽の良さだと思います。

ひとつの曲を繰り返し繰り返し歌うことで、「あ!この単語あの曲にあった!」となる場面が出てくるかもしれません。

皆さんも是非洋楽を聴いて、楽しく英語の勉強をしてみてください♪

↓音楽を聴くならこちらのアプリから
▶︎Spotify
▶︎Apple Music

ディズニーソングは英語初心者の方にはオススメの教材ですよ!

ディズニーソングで英語学習!~楽しく使える英語をたくさん学ぼう!~

sponsored links

いいね!してね♪ Give it a thumbs up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA