TOEICの点数で収入格差!英語ができるとメリットだらけだった体験談

長野県在住、高丸さん(商社勤務、34才)の方の体験談

英語ができたら世界も広がる!

僕は大学時代に浅草で人力車のアルバイトをしました。バイト代を稼ぎたかったのもあって訪日客とのコミュニケーションをとるために英語の勉強をしました。

はじめは「どぅーゆーわなとらい?」くらいしか話せませんでしたが、少しずつ話せるようになりました!

曲がりなりにも英語が話せるようになったことでお客さんがたくさん取れて、収入も上がった美味しい経験もしました(#^^#)

そんな僕の実体験を元に英語ができるとメリットだらけな理由を解説します!

コミュニケーションを通して異文化を知れる

当たり前ですが、外国人とのコミュニケーションが取れるようになります!人力車に乗るお客さんの反応一つ一つをとっても日本人と違うので異文化を知ることができました。

観光に来る欧米人だけでなくアジア人やアフリカ人にも英語を話せる人は増えています。ゆっくり日本語で話しかけてダメなら英語で話しかければ大体の人とコミュニケーションを取れました。

チップをくれるのも文化が違うからですね笑

行動力が上がって人生が楽しくなる!

大学の時は外国人留学生もたくさんいました。友人の中には中学校から英語をやっているのに、大して喋れないから留学生と話すことを敬遠している人もいました。

でも、僕はもっと英語を使えるようになってアルバイトに活かしたいというヨコシマな考えで留学生に話かけまくりました(^^)

中でもミャンマー人のトゥンさんという友人と親友になりました。トゥンさんの話は日本人にはない考え方ばかりで視野が広がりました。それに、トゥンさんが帰省するタイミングで「ミャンマーに遊びに来ないか?」って誘ってくれました!

アルバイト代はぶっ飛びましたがめちゃめちゃ良い経験になりました。

就職に強い!(マジで)

学生への一番のメリットといっても過言ではないのが就職に強いことです。

僕は人力車のアルバイト代を増やすために英語を頑張ったこと、行動力も身に付いたことを強みに就活に臨み、第一志望の商社に入社できました。

TOEICの点数が良いと本当に年収は上がる

新卒の会社に入社して7年。今では海外を飛び回っています。TOEICの点数も800点を超えています。しかし、数年ぶりに会った同期は国内営業をしていてTOEICは500点台。

この間、久しぶりに飲みんだら、同期が「給料安い」って愚痴っていたので「そうだよな~」って同調してたら自分の年収を言い出しました。

海外出張手当はあるけど残業代がほとんどない俺と国内出張の手当と残業代を含んだら、そこまでの違いはないはず。でも年収は100万も違いました。

TOEICやってて良かったって心から思った瞬間でした。

 

学生は英語を勉強した方がいい

今自分が学生にアドバイスをするとしたら、絶対に英語を勉強した方がいいって伝えます。

最初はクラブで外人をナンパしたいとか、そんな考えでも良いからとにかくやった方がいい。

任せられる仕事が違う

英語が話せるのは対取引先だけではなく、社内の外国人労働者とのコミュニケーションが取れるので様々な場面で重宝されます。マニュアルの作成など文書にも強いとさらに重要な仕事を任せられます。

CAやホテルマンなど接客業は必須スキルになってくるの就職先の範囲が広がります。プログラミング言語にも使われているのでSEなどにも活用できそうです。

TOEICが高いと年収が高い

これは引用。

『TOEICのスコアと年収の関係』

株式会社キャリアインデックスは2016年、1,000人の働く男女を対象に語学力を年収についての調査を発表しました。その結果、年収700万円以上の人の48.7%が英語での日常会話や読み書きができるレベルであることが判明しています。

さらに、年収が500万円から700万円未満の人においては34%、500万円未満の人は22.4%と、英語力を有している人ほど年収が高いという相関が見られました。700点以上ではスコアの高さと年収の高さの相関が如実に違っています。

                                  (RareJob English Lab) 

 

「英語ができる」=「コミュニケーション能力が上がる」ではない?

でも、英語を覚えたくらいでコミュニケーション能力が上がるの?という声もあるでしょう。確かに「英語能力」=「コミュニケーション能力」ではありません。

ただ、「英語を話せるようになりたい」と行動したことで積極的に話しかけることも苦痛ではなくなりました。また、英語が話せることが自信になりさらに行動力が上がりました。外国人とのコミュニケーションが自己成長につながりました。

それ以外にも就職の時に意外な発見がありました。それは、英語取得していると長期的な努力もできると判断されたことです。自分にとっては楽しいから勉強した、というくらいの気持ちでしたが「英語を話せるようになる過程」も評価してもらえたことは驚きでした!

sponsored link

まずは英語を好きになるところから

これから英語を学習する人は気が重いのかもしれませんが、身近な洋画や洋楽など外国の文化に触れることでも英語学習能力は高まります。特に子供の頃に見た映画で内容が頭に入っている映画を倍速にして英語を聞くこともオススメです。

映画など身近なものを通して英語を好きになるところから始めてみてはいかがでしょうか?やはり英語ができると人生において損はないですね!

映画で勉強するなら英語字幕&音読!実際に英語力が伸びたオススメ映画12選

結論

  • 学生時代(特に大学)は将来につながるような交友関係が広がる
  • 英語ができると年収がUPする可能性が広がる
  • TOEICができるとさらに年収UP
  • 身近な映画などを通して英語学習のハードルを下げよう
sponsored links

いいね!してね♪ Give it a thumbs up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA