ハリウッド俳優への恋は英語上達への近道!?SNSを使った私の勉強法!

岡山県在住、びすこ64さん(女性) から
英語にまつわる体験談を伺いました!

海外映画大好き、もちろん俳優も大好き。

私はハリウッド映画が大好きです。

好きなジャンルは数多く、ファンタジー・SF・サスペンス・アクション・ミュージカルものなどなど、なんでも楽しく見ることが出来ます。

その中でも、私が一番好きな作品は、アメコミのキャラクターであるアイアンマン・ハルク・キャプテンアメリカ・スパイダーマンなどが登場する、Marvelシリーズです。

スケール・世界観・アクション・衣装などなど好きなところを挙げればキリがありません。

そして出てくる俳優さんもみんなかっこよくて、きれいで、かわいいです。

私はキャプテンアメリカ役のクリス・エヴァンスと、マイティーソーに出てくるロキ役のトム・ヒドルストンという2人が大好きで、私のTwitterとインスタは、本人だけではなく、素敵な画像を載せてくれるアカウントなどの更新でいっぱいです。

しかしそういったSNSを日々眺めていると、ある問題に突き当たるのです。

大好きなあの人の言っていることがわからない。

好きな俳優も、その俳優のことが好きなアカウントも、Twitterとインスタではみんな英語で更新するのです。日本人じゃないから当たり前ですけどね。

しかしこれが本当に悔しい。

俳優 「Hi!○▲□☆◎◇!!」

みんな「love u」

   「◇▲☆xx!」

わたし「?????」

こんな感じで私だけ蚊帳の外。

みんなが何で盛り上がっているのかもわからない。

画像と一緒に更新してくれればまだ推測はできますが、文字だけだと本当に分かりません。

Twitterには「ツイートを翻訳」というありがたいボタンがありますが、Google翻訳を通して変換されるので、文法がめちゃくちゃです。

ある日のツイート。

皆さんはコチラは分かりますか?

これをGoogle翻訳すると、

「私が世界で最高の犬を飼っている可能性はわずかにあります。そして彼はそれさえ知らない。それはとてもクリーンなダイナミクスです。犬に値するために私たちは何をしましたか?」

とのこと。全然わからない。

とりあえずの私の感想としては、
「飼っている犬が大好きなんだよね!犬になりたい!うらやましい!」のみです。

「クリーンなダイナミクス」の部分はさっぱりわからないので無視です。

しかしこれでは彼らがどういう意図でその言葉を用いたのかが全く分かりません。好きなのに、言っている意味が分からないのって、非常にストレスです。

私はセンター試験における英語の成績は、7割強の正解率でした。ちなみに国語が一番得意だったので、それを応用して、基本的には長文問題で類推しながら読み進めてなんとか正解していたような状況でした。

1文しかない文法問題が大の苦手だった私が、Twitterのように140文字以下しかない文章で、意図をくみ取れるわけがありません。

しかもスラングがかなり多く、外国人特有のノリや絵文字の使い方などがあり、なかなかやっかいなのです。

インスタは翻訳してくれるサービス自体がないので、画像を見て満たされるしかない。しかし本当はきちんと何を言っているのかが知りたいし、あわよくばこちらも何か英語で反応したい。

もしかしたら読んでくれているかも、返事をしてくれるかも・・・
という淡い期待をもつことすら許されていない状況に、フラストレーションが溜まるのです。

そんな状態を打破すべく、私はある行動を起こしました。

sponsored link

文法・単語を行き当たりばったりで調べてモノにする

久々に英語を勉強したいな、という気持ちが湧いた私は、まず何から始めようかいろいろ考えました。

  • 学生時代に覚えていた単語を思い出そう
  • 文法を勉強しなおそう
  • 話の流れを熟知しているハリーポッターの英語版を古本屋で買って翻訳しながら読んでみよう

などいろいろ考えてはみたのですが、重い腰が上がらず、数か月たってしまいました。
やはり興味があるものでなければやる気が起きません。

そして結局、「SNSの内容が知りたいのだから、SNSから学ぼう!」という結論に至りました。

私が自分に課したノルマは、『動画か写真が添付されている好きな俳優本人の更新分は、内容がわかるまで読む』というものです。

私はSNSで、同じ俳優が好きな人(ファン)や、その俳優と共演した人、作品の公式アカウントなどを手あたり次第フォローし、ときめいた更新にはどんどん「いいね」や保存をしていました。

しかし、ノルマを定めた後からは、以下のような行動をとるようにしました。

  • 好きな俳優の更新のみ通知を設定
  • 画像か動画が添付されている更新のみ「いいね」または保存をする
  • 必ずその日のうちに翻訳する

毎日続けていると、翻訳済みのものが「いいね」した一覧にどんどん蓄積していきます。それを見返して、「自分はこれだけ頑張ったのだから、前に進んでいるはず」という自信になりました。

また、画像か動画が添付されているものに絞った理由は、「ヒントになる」と「モチベーションがあがる」の2つです。

ベラベラしゃべられても単語ぐらいしか拾えませんが、少しずつ耳が慣れてきたような気もします。やはり一から単語を思い出すより、必要最小限の単語を確実に覚えていくと効率がいいのではと思います。

まとめ

英語は形にとらわれず、好きなことに関連させて自由に楽しくやるのが一番だと思います。

無理して挫折してしまったら、元も子もありません。英語を勉強して自分はどうなりたいのか。何のために英語を勉強するのか。一度原点に戻って考え直してみると、モチベーションアップにつながるかもしれません。

わたしにはたまたま好きな英語圏出身の俳優がいて、SNSをやっていて・・・という条件がそろっていましたが、みなさんも楽しく英語を勉強するために、また息抜きとして、映画鑑賞を趣味にしてみてはいかがでしょうか。

素敵な俳優さんがたくさんいますよ!


 

当ブログでは皆さんの英語にまつわる体験談を募集しています。こちらは夢だったイタリアへのサッカー観戦旅行を機に英語を勉強してTOEIC750点取られた方の体験談です。

やればできる!「好き」から始めた英語の勉強で「努力の大切さ」を学んだ体験談

sponsored links

いいね!してね♪ Give it a thumbs up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA