短期留学ならここ!ヒューマンアカデミーフィリピン語学留学

ユッコ
留学をしたいけど、どの会社に申し込めばいいのかわからない!

仕事もあるし、長期留学に行く時間もない!

こんな悩みをもった事ありませんか?

ヒューマンアカデミーのフィリピン留学ならコストも最小限に、短い期間で英語を取得する事が可能です!

なぜフィリピン留学がいいの?

フィリピン留学がオススメな理由がこちらです!

  1. 世界第3位の英語公用国
    フィリピンでは現在英語と共にフィリピン語(フィリピノ語)が公用語として一般的ですが、学校教育や、町の看板などは英語が使われています!

    フィリピンでは色々な民族が住んでいてその分多くの言語が存在する国なので、英語をツールにコミュニケーションを取るんです。

    アメリカやイギリスのドラマは字幕なしで放映されているようですね。
  2. 日本から近い
    フィリピンは、日本から4時間程で行く事ができます。渡航するのに10時間前後かかるアメリカやイギリスと比べて近く、仕事などで時間が十分にない方でも気軽に行ける距離なのではないでしょうか。
    時差も日本と1時間しか変わらないので、時差ボケの心配もありません!
  3. 物価が安い
    フィリピンの物価は非常に安く、日本の物価の1/3 ほどの値段だと言われています。特に交通手段については軍を抜いて安く、電車賃は50円前後タクシーの初乗りは100円程です。
    日本では考えられないですよね!
    ただ、物価が安いからと言っても観光地は少し高めのようなので買い過ぎには注意が必要です(笑)

ヒューマンアカデミーのフィリピン留学なら!

提携校も多く、それぞれに合った土地での留学が可能

フィリピンを代表する3つのエリアを拠点に、一人ひとりの目的や希望にあった語学学校で英語学習をする事ができます。

語学学校も、経験豊富のベテランコーディネーターが実際に現地に足を運び
安全性・学びの質・住環境の3つの点を細かくチェックしてくれているので安心です。

セブエリア
セブのエリアを留学先として選択すれば、週末はリゾートライフを楽しめます。
リゾート地として有名なマクタン島へは、語学学校の集中するセブ市内からタクシーで1時間ほどで行けますよ。普段は仕事で忙しく、旅行に行く暇がない人は語学留学とともに南国を満喫できて一石二鳥です!
マニラエリア
フィリピンの首都であり、国内最大級の都市であるマニラ。高層ビルが立ち並ぶアジアでも有数のビジネス街で、国内でも優秀な大学が数多くあります。
そのため優秀な講師が充実している点もメリットの一つです。
クラークエリア
クラークは首都マニラから車で4〜5時間ほどの場所に位置します。経済特別区域に指定されており、大都市に比べ治安が非常に良いので安心して過ごす事ができます。
都会過ぎず田舎すぎずといったところですが、ショッピングモールやコリアンタウンなど繁華街に比較的行きやすいのでおすすめです。

カウンセラーと相談しながら自分に一番合う留学先を見つけて、快適な留学生活を送りましょう!

▶︎提携校ガイドはこちらから

マンツーマンのレッスンが欧米の半額以下で受けられる!

留学をしても授業についていけるか心配…

なんて思った事ありませんか?

グループディスカッションなど英語力がまだ身についていないうちは、発言するのも一苦労だったりしますよね…

しかし、

ヒューマンアカデミーのフィリピン留学ならマンツーマンの手厚い指導を欧米留学の半額で受ける事ができます!

なので、初心者の方でも短期間で英語が話せるようになります!

オンライン英会話がなんと月額1円!?

ヒューマンアカデミーのフィリピン語学留学では、留学者を対象に

1ヶ月1円

でオンライン英会話を実施しています。

フィリピン留学申し込み者限定での嬉しい特典!留学前後の手厚いサポートも充実しています。

初めての留学でいきなり英語を話すのが不安な方には留学前レッスンを、留学を終えて帰国した後に英語力を維持したい方には留学後レッスンをおすすめしています!

▶︎オンライン英会話の詳細はこちら

sponsored link

口コミ・評判

悪い評判も少しご紹介していきます。

・料理がまずい&韓国料理ばかり
・発音が下手でも通じてしまう
・フィリピン訛りがある

(【驚愕】オンライン英会話比較ランキング)

などの書き込みがありました。

フィリピンへの留学生は韓国人が多いため、韓国料理が多いのだとか。

せっかくの海外留学、美味しいものを食べたい気持ちもありますよね。でも、ここは語学留学だからと割り切って我慢することも必要なのかもしれません(泣)

 

英語のフィリピン訛りが嫌だとおっしゃる方もいましたが、英語学習で大切なことは自分の伝えたいことを伝える事ができるようになる事だと思うので、発音は一旦気にせずに、積極的に会話を楽しんで、英語を身につけちゃいましょう!

 

ただ、フィリピン留学は 日本人が多め なんだそう。

日本人とばかり話してしまって、英語を使う頻度が減ってしまう…なんてことにも・・

せっかくの語学留学なので、日本語を話す機会をできるだけ減らして英語をたくさん使うようにすると、さらに留学の充実度も高まるかもしれません!

しかし、日本人が多いと言うことはお互い助け合いもしやすい環境だとも言えます!

「ひとりで留学は心配…」といった方も安心して過ごせるはずです。

フィリピン留学のための豆知識

フィリピンで留学するにあたって便利な豆知識をまとめました。
現地で困る事がないように予習をしておきましょう。

OKサイン

日本人だとOKを表すのに親指と人差し指をくっつけて丸の形にするジェスチャーをする人が多いですよね。

でもこれ、フィリピンだと「お金」を意味するんです。

OKと笑顔でこのサインをすると「お金をくれるならいいよ」という風に捉えられ兼ねません。

フィリピンでOKと伝えたい時は、親指を立てる「グッド」のサインをしましょう。

トイレのマナー

日本ではトイレにトイレットペーパーを流すのは当たり前のことですが、フィリピンではタブーです。そのまま流すと配管に詰まってしまうので、便器の近くに置かれたゴミ箱に捨てましょう。

また呼び名も少し違うようで「C.R(スィーアール)」と一般的には言うので頭に入れておくといいと思います。Comfort Room(コンフォートルーム)の略みたいですね。

そして、外出先のトイレには空港やショッピングモール、ホテル以外は備え付けのトイレットペーパーがないところが多いそうです。

常にティッシュペーパーなどを携帯しておきましょう。

チップについて

日本ではチップの文化はないのでどれくらいチップを出せばいいのかきっと迷ってしまいますよね。

  • レストランの場合

レストランでは多くの場合、すでにサービス手数料が上乗せされた状態で料金を請求される場合がほとんどです。レシートを確認すればわかるかと思いますが、この場合、チップを払う必要はありません。

ただ、ホテル内高級レストランの場合は、お会計に使ったトレーに20ペソから50ペソ程度のチップを置くようにしましょう。支払いを終えた後にチップを置いて店を出るのが海外のレストランでのチップマナーのようです。

  • ホテルの場合

ホテルも基本的にチップは不要のようですが、高級ホテルだったりサービスが非常に素晴らしかった場合はお礼としてチップを渡すと喜ばれます。

荷物を運んでくれるボーイさんに20ペソ程度、チェックアウトする際枕元に20〜50ペソ置いておくと良いでしょう。

  • タクシーの場合

タクシーに乗る際料金の10%程のチップがいると言う情報もありますが、基本的にチップは不要です。

ただ、時たまドライバーから強引にチップを要求されるケースもあるようです。
(フィリピンのドライバーは運転が荒い人も多いそうなので、気をつけましょう…)

また、タクシー以外にも「Grab」というUberのようなアプリサービスも普及しています。乗車前に料金がわかった状態で利用できるので安心です。タクシーだとメーターを使ってくれなかったり、違法改造されていて痛い目を見る必要がありません。

フィリピンに行かれる方は利用してみてはいかがですか?もちろんチップは不要です。
GrabのHP (フィリピン)

⚠︎チップの注意点⚠︎

チップは感謝の気持ちで渡したとしても、ただ多くあげればいいと言うわけではありません。

海外で働く方の中には、「日本人はチップをたくさんくれる」と言うイメージがある人も少なくないようです。

サービスの質に合わせてチップの金額を変えるのは決して失礼なことではないので、目安としては20ペソから50ペソの間で調節しましょう

まとめ

いかがだったでしょうか?

ヒューマンアカデミーのフィリピン語学留学なら短期間での英語習得に向いており、欧米諸国と比べても費用が安く済みます!

留学して見たいな…と思っている方は、まずは資料請求からしてみるのもいいかもしれません!

また専任のカウンセラーによる個別説明会も開催しているで不安な事があればいつでもお問い合わせください!

▶︎フィリピン留学の資料請求はこちらから

▶︎【無料】説明会予約はこちらから

カナダのスキー教師試験のため、短期フィリピン留学でスピーキングを鍛えた

sponsored links

いいね!してね♪ Give it a thumbs up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA