早期英語教育はするべきじゃない!?幼少期の英語学習の不安を解説

今ではクラスメイトにハーフの子供や、両親とも海外の人がいることも珍しくありません。英語に触れることで今ではクラスメイトにハーフの子供や、両親とも海外の人がいることも珍しくありません。英語に触れることで

子供の早期英語教育は必要?

現代社会においてグローバル化が進み、英語が必要とされる場面が多くなってきました。そんな時代の変化に伴い、子供に早い段階で英語教育をされる親御さんも増えてきています。

よく身近なところで子供が英会話スクールに通ってる光景を目にすることって増えていませんか?しかし、本当に子供の早期英語教育は必要なのでしょうか?

ユッコ
ママになった友達が子供に英語を勉強させるか迷ってたわ。英語が必要なのはわかるけど子供が混乱してもいけないし…

今日は、子供の英語学習に関する不安や迷いを解説していきたいと思います。

早期英語教育に対する不安

不安① 基礎となる日本語の発達が遅れる

そもそも、日本人である以上は日本語がベースとなるので日本語をまずはしっかりと身に付けることが大前提としてあると思います。

また、2つの言語を同時にインプットすることになります。子供が「英語を習っている」という自覚を持てるくらい喋れるようになっていれば良いですが、2歳くらいでしっかりお話できないうちに英語を覚えさせようとすると混乱してしまう可能性があります。

たとえ幼少期の吸収力が凄いものであったとしても、日本語を疎かにしてしまって本末転倒にならないよう注意が必要です。

不安② 英語を強要することで精神的負担になる

英語に限った話ではありませんが、親が「こんな子供になってほしい」と強く願うあまり、子供自身が望んでないことを強要させるようなやり方も子供にとっては逆効果です。嫌いになるくらいならまだしも、あまりに行き過ぎた強要をすることで精神的負担を与えないよう注意が必要です。

自分が楽しいと思えることでないとなかなか身に付かないのは大人も一緒。また、子供自身が「嫌だけど頑張る」と思わせてしまったら身に付くものも身に付きません。しかし、「英語を話すことが楽しい!」と思えれば自然と身に付いています。

子供が興味を持つように楽しく、遊び感覚で自然と身に付けることができるような環境を整えることが必要となってくるのではないでしょうか。

不安③ 親にもある程度は英語の教養が必要

これは考え方によってはメリットにもなるかもしれませんが、子供がある程度の英語力を身に付ければ当然、家庭でも英語についての会話も生まれてきます。

その時に、子供が「お母さんは何で英語を話さないの?」となった時にどう感じるかです。それを機に英語を勉強し始めるのもいいでしょうし、逆に子供が英語を身に付け、親に対して英語で楽しくコミュニケーションをとろうとしている気持ちを自分が英語を話せないことでスルーしてしまうのは少し悲しいことですね。

例えば、子供が政治に興味をもって親に話をしてくれたとき、自分達が政治について無関心で、よくわかってなかったら残念ですよね。

ただ、考え方次第ではそこまで大きな不安としては捉えない方もいらっしゃるかもしれません。早期教育にはこんないいことも考えられます!というお話として次はメリットについてお話しします。

sponsored link

早期英語教育の良い点は?

メリット① 子供の吸収力はスゴイ!

大人は「間違えたら恥ずかしい」としり込みしてしまうことも、子供はネガティブに考えることなく興味津々に「楽しみながら」勉強することができます。

子供向けの英会話教室に通わせることで、褒められることでより一層「嬉しい!もっと褒められたい!」と積極的に学習することができます。

子供は大人が難しいと思うことでも柔軟に受け取ることができます。

妻子を連れて海外赴任した一家が親が英語に悪戦苦闘しているのに、子供がすんなり英語を話していることもあります。それだけ子供の吸収力はスゴイのです。

また、脳の発達が最も盛んな時期は、生まれて9歳~10歳で「臨界期」と呼ばれます。この時期の吸収力は非常に高く、臨界期に英語を取り組むことで自然と英語を身に着けることができるでしょう。

また、これは英語に限ったことではなく、音楽やスポーツも一緒で一流のアスリートが子供の頃から親に英才教育を受けて育つのも子供の吸収力が大きく影響しているでしょう。

メリット② 英語の微妙な違いが自然にわかるようになる

理化学研究所の調査で日本人の赤ちゃんは生後14ヶ月という非常に早い段階で日本語独特の音を聞き分ける「日本語耳」を獲得することが判明しています。

私たち大人がなかなか英語を身に着けることができないのは、日本語の発音をそのまま英語に適応してしまうので英語の微妙な違いが聞き取れないと言われています。

さらに、人間の耳の発達は3歳~7歳ごろまでに急速に発達すると言われており、7歳ごろでほぼ完成し、その後は横ばいするものの加齢とともに徐々に衰えていきます。この3歳~7歳までの間に英語に触れることで、子供は英語の微妙な違いを理解できるようになります。

しかし、英語を聞く環境を維持しないと徐々に英語の違いを忘れ、聞き分けられなくなってくるそうなので注意が必要です。

メリット③ 英語に触れることで国際的な視野が広がる

幼少期から英語に触れることで海外の文化に自然と触れる機会が増えます。今ではクラスメイトにハーフの子供や、両親とも海外の人がいることも珍しくありません。

英語に触れることで、日本人とは違う文化や考え方、価値観の違いに対して寛容に育てることができます。

海外の文化に興味を持つことができれば海外にルーツのあるクラスメイトを通じて文化を吸収することもでき、国際的な視野を持つことができます。進学や就職でも海外に対するハードルを持たず世界で活躍できる人になるかもしれません。

メリット④ 大人になってから勉強するより効率がいい

幼少期から中学、高校とバイリンガルである人は比較的少ないと思います。周りに日本語だけしか話せない人が多いと安心してしまい、英語を覚える必要性を感じないかもしれません。

しかし、大人になってから仕事などで英語が必要になった時に初めて、「英語をもっと勉強しておけばよかった」と気づいたことをきっかけに勉強を始める方も多いと思います。

しかし、仕事に追われながらだとなかなか英話に集中できず、時間が掛かってしまうかもしれません。また、本気で英語を身に着けようとすると、多少なりとも時間もお金も自己投資する必要がでてきます。

しかし、幼少期の吸収力は大人と比べ物にならないので、大人が苦労しないと覚えられないこともすんなり覚えることができます。大人になってから勉強するよりはるかに効率が良いのです。

幼少期から英語教育をすると論理的思考が育たないのか?

子供に英語教育をすることで「母国語としての日本語が固まっていないうちに英語を同時に覚えなくてはならず、子供が混乱してしまいまともな思考力が育たない」という声もあります。日本人にノーベル賞が授賞者が多いのは、母国語教育をしっかりしているから母国語が身に付きやすい」と唱えている学者もいます。

しかし、それは本当でしょうか?

日本人には幼少期から英語教育をすることを特殊だと感じられますが、世界では複数の言語を公用語としている国もたくさんあります。むしろ単一の言語を公用語としている国の方が少ないくらいです。

例えば、ノーベル賞受賞している国は

国別ノーベル賞受賞者数

  • 1位 アメリカ(275人)
  • 2位 イギリス(88人)
  • 3位 ドイツ(83人)
  • 4位 フランス(56人)
  • 5位 スウェーデン(29人)
  • 6位 日本(28人)

※2019年12月時点

ですが、ドイツでもフランスでもスウェーデンでも英語普及率は高く、幼少期に英語を勉強することが論理的思考力を醸成する妨げになっているとは言えないのではないでしょうか。

まとめ

個人的には早期英語教育は賛成ではありますが、何より子供に英語を学ばせる目的と学ばせ方がとても大事だと思います。

なぜ学ばせるのか。英語を学ぶことによってどうなるのか、その目的をしっかりと明確にした上で学ばせるのであればいいと思います。

ただ、周りがやってるからとか、たぶん今後英語が世の中で必要になってくるであろうからとかフワっとした理由であれば考え直してもいいのではと思います。

デメリットが与える大きさよりもメリットが持つ影響の方が大きいので早期教育をするのであれば、まずはその目的をしっかりと明確にすることが大事だと考えます。

また、その上でさらに大事になってくるのは子供にどう学んでもらえるようにするのか、その環境を整えることがとても重要になってくると思います。

嫌々にやらせれば身に付くどころかむしろ英語が嫌いにもなってしまう可能性ですらあると思います。

 

まずは楽しんで、子供自らが英語に触れてみたいと思ってもらえるようにすること。

それが子供の成長にとって大きな一歩になり、子供の未来が広がると思います。その為の手助けとして親が何をすべきなのかを考え、工夫していくことが大切だと思います。

 

sponsored links

いいね!してね♪ Give it a thumbs up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA